JAL(日本航空)の国内線のファーストクラスを体験しました。

最高級のサービスを満喫

結婚記念日のファーストクラス最高級のサービスを満喫全てが高級すぎて夢みたいだった

夫婦で普段は入る事のない禁断のダイヤモンドプレミアムラウンジに案内されました。
ロッカールームに旅行用のスーツケースを預けて、ラウンジ内を散策しました。
そんなに汗もかいてませんでしたが、折角体験できるという事でラウンジにあるシャワールームで汗を流しました。
ジャンプ―はボディソープはみんな使った事のない高級ブランド品で、洗い上がった身体から普段嗅いだ事のない上品なローズの香りがしてました。

JALは海外旅行初心者にて最強

— 謎の生物 (@nzn_seibutsu) 2018年10月18日
ラウンジのレストランエリアに行くと、シェフがステーキをやっていて夫婦で朝食にも関わらずステーキを食べて、機内食で食べられる気になるパンやクロワッサンを皿に乗せて、ビールを飲みながらほろ酔い気分で飛行場の景色を眺めながら楽しみました。
時間を忘れてラウンジでのサービスを満喫していたら、このラウンジに案内してくれたJAL(日本航空)のファーストクラスカウンターのスタッフがそろそろ搭乗時間ですと頼んでもいないのに呼びに来てくれました。
荷物をロッカーから出して、お荷物預かり所に行くのかなと思ってましたが、ファーストクラスの場合は専用のお荷物預かりカウンターがあって、全く待たされる事なく通過できました。